木川西よりすぐ!完全個室のパーソナルジムアヴニール西中島/新大阪店

無理なく痩せれる食事の秘訣は?アヴニールブログ
松井大地

皆さんこんにちは!!
トレーナーの松井です!
(インスタはこちら

パーソナルジムアヴニール西中島/新大阪店
木川西よりすぐ!
木川西から最近多くの方が通う完全個室のパーソナルジムです。
西中島/新大阪で完全個室パーソナルトレーニングが受けられるジム!
ダイエット、ボディメイク、健康寿命アップは是非アヴニールで!
女性トレーナー在籍で女性トレーナー希望の方もご安心!
マンツーマンだと1回6,034円〜
夫婦やお友達とのペアだと1回3,570円〜でパーソナルトレーニングが受けられます。
詳しくはこちら!
大阪・奈良で10店舗展開する完全個室のパーソナルジム!パーソナルジムアヴニール!
他の店舗もチェックしてください!!

上本町店八尾店藤井寺店王寺店羽曳野古市店柏原店藤井寺2号店福島店香芝店西中島/新大阪店
体験レッスン受付中!!

アヴニールブログ

無理なく痩せれる食事の秘訣は?

今回は正しい食生活について解説していきます。
みなさま無理をして痩せようとしているかと思いますが、無理なくノンストレスで痩せれる秘訣を話していきます。
あなたは、健康を目指すのか、筋肉を作るのか、減量を目的にするのかで、回数もそうですし、食べる量も違いますし、なので、一概に、これくらい食べた方がいいよというのは、実は人それぞれなので言えないのですが、ただ健康っていう事を目的にしたときに、お腹が空いてないのに食べるっていうのは、基本的は消化への負担になってしまいます。だってお腹空いてないですし、まだエネルギーあるからです。
例えば、トレーニングしている人たちに多いですけれど、しっかり食べてちょっと小腹が空いた時に間食も卵でみたいなとか、筋肉をつくるっていうのが一番の目的だったら、お腹を空かせずに、燃料を入れてあげるっていうのは筋肉量によっては、それ必要な人たちもいるのです。ただ女性で今から筋トレを、始めます。今から筋トレもするんだけれども、痩せることも一応目的にありますという、ダイエットが目的であれば、それはお腹も空いてないのにどんどんどんどん食べていると逆に太っちゃったとか、体重変わらなかったとかっていうことが、起きているんですけれども、それはお腹空いてる空いてないで考えると、空いてないのに食べているから、筋肉を維持するとか、筋肉を作る上ではもちろん大切かもしれませんけれども、体への負担で考えると実は多かったりしますし、あとはエネルギーが入ってくるってことだから、エネルギーが入ってくる分、自分の脂肪を使うという減量を目的にしていたら、それが起きにくいです。なので、何を目的にするかで量が決まるっていうのと、ここで食べた時がタンパク質を食べた時の量じゃないのです。要はタンパク質(お肉、魚)を食べてから、消化器官で分解され最終的にアミノ酸になります。


アミノ酸が小腸からアミノ酸を吸収され、吸収されたら小腸が一度塞がります。一回で吸収できるタンパク質の量が一人一人決まっています。人それぞれ、女性、男性によって違います。だいたい一回に平均20〜25gくらいが吸収できます。いっぱい食べれたとしても結局小腸の方で量が決まっていますので、そうするとそれ以上食べたものによっては負担になるわけです。消化をしなきゃいけないのです。そうすると出るしかないです。
逆算すると、その時間にお腹が空いてるぐらいで食べるっていうのがいいのかな?
・ダイエットが目的なら、、、
お腹が空いて、2〜3時間その状態で過ごした方が自分の脂肪燃焼につながります。
・空腹の時間が長すぎて、
食べないダイエットをすると、、、
体内にエネルギーがなくなって脂肪だけでなく、タンパク質(筋肉)を分解してエネルギーとして使ってしまうので、筋肉がおちてしまい自分を維持できなくなってしまいます。
なので、筋肉が落ちるのでエネルギー消費が落ちて太りやすくなります。
でも、一番最初に使うのは、糖分で
糖分が入ってこなかったら、脂肪だから
だから、こまめに糖分を摂るってなるとこまめにエネルギーが入ってきちゃうから自分の脂肪に行きつかないので、大体4〜5時間でお腹が空く量にして、あと2時間くらいは自分の脂肪に頑張ってもらうという時間を作ってあげた方がいいと思います。
でも、基本は、いっぱい(の量)を一気に食べるっていうのは小腸への負担だから、胃腸への負担だから、減量であろうが、筋肉を増量していても、お腹いっぱいが10割だとしたら8割くらいで過ごした方が良いです。お腹が空いてる時間を逆にちょっと楽しむぐらいの方が胃腸的には良いです。
すごく心理的なのですけれども、
この人、あんまり食事の事を考えてはいないんだけども、太ったりとかしないよなっていう人は、お腹が空かないと食べれないんですそういう人は。


お腹が満たされたら、もう自ら食事やめたりします。
全然ダイエット目的とかじゃないんだけれどそれが普通にできる人っていうのが世の中にいてそういう人たちはやっぱり太らないです。体の声を聞くっていうのが一番の目標かもしれないですし、健康になるには、ちょっも口寂しい時とかは、お腹が空いているのか、もしくは、喉が渇いているのかっていうのが、あまり区別できないのです。口寂しい時に何か食べちゃう前に一回水分を取ってもらって、本当にお腹空いているかチェックを自分でやるっていうのも結構大事です。栄養というと、もちろん本当にそれは人によりますけれど、一回に摂る量っていうのは糖質に関しても脂質に関しても、タンパク質に関してもいっぱい摂っていい事はないです。大量に糖分があるっていう体は、すごく炎症を起こしてしまいやすいし、血糖値も上がって、太りやすいっていう状態を作ってしまうので、タンパク質に関しても、結局吸収量決まっているんのだから、それ以上摂るのは負担になります。一回に摂る量っていうのは基本的にそこまで頑張らなくていいと思います。お腹を空かせない様にみたいに頑張っちゃったりする人もいるから、次、夜ご飯遅くなっちゃうからお昼いっぱい食べておこうとかは、そのエネルギーを溜めておこうみたいなことが逆にできないってことです。栄養素を溜めておこう。それだったら、ちょっと間食できるものを持っておいて普通の食事にして、お腹が空いた時にちょっと間食ができるように、ナッツとかココナッツバターとかを持ち歩いてそれをパクって入れられる方が良いと思います。

ポイント
・一気にたくさんの量を食べることは胃腸への負担になります。
・どんなもの多く摂りすぎるのではなく8割くらいで過ごすのが良い
・ダイエット目的であれば空腹時間が2時間ほど発生する様に食事量を調整しましょう。
・口の寂しいときは、水分を飲んでみて、本当にお腹が空いているのかどうかをチェックしましょう。